企業の成長を・事業のEXITを・パートナー探しを簡単に

ユーザーとクリエイターが楽しみながら、幸せに生きていける社会にする。

株式会社viviON

https://vivion.jp/
更新日: 2022/01/06 公開日: 2021/12/14
企業の特徴とM&A方針

事業内容

・インターネット関連事業
・コンテンツ制作事業

特徴・強み

オタクカルチャーには、カルチャーの発信を担うクリエイターと、カルチャーを盛り上げるユーザーの2種類の存在があります。当社では、クリエイター向き、ユーザー向きとそれぞれを対象としたサービスを展開することで、すべてのオタクが幸せになれることを目標に、事業を行っています。

M&A対象業種
広告・情報通信
出版・フリーペーパー
エンタメ
コンテンツ制作・配信
その他
漫画編集プロダクション
モバイルコンテンツ制作・配信
音声系ベンチャー クリエイター系サービス
M&A対象レンジ (単位:百万円)
300
M&A対象領域

自社アセットを利用することによって成長が見込める事業や、自社アセットを成長させるシナジーの見込める事業をM&A対象事業としています。

役員派遣
あり
アーンアウト条件
要相談
クロージングまでの平均期間
案件次第
ロックアップ条件
要相談
M&A戦略

事業概要

・インターネット関連事業
・コンテンツ制作事業

組織について

viviONは、“二次元を愛するオタク” に焦点を当て、グループ全体でコミックやゲームの配信および制作、クリエイター支援関連のプラットフォームといった幅広いコンテンツを展開しています。

当社経営陣の特徴について

当社経営陣の特徴は下記URLにて確認できます。

https://vivion.jp/company/greetings/

M&Aを検討している背景

自社アセットを利用することによるM&A対象事業の成長、自社アセットを成長させるシナジーの見込める事業をM&Aしたいと考えております。

当社が貢献できること

viviONは、“二次元を愛するオタク” に焦点を当て、グループ全体でコミックやゲームの配信および制作、クリエイター支援関連のプラットフォームといった幅広いコンテンツを展開しています。

また、当社では“オタクカルチャー”という文明を何よりも大切にしています。
オタクカルチャーには、カルチャーの発信を担うクリエイターと、カルチャーを盛り上げるユーザーの2種類の存在があります。当社では、クリエイター向き、ユーザー向きとそれぞれを対象としたサービスを展開することで、すべてのオタクが幸せになれることを目標に、事業を行っています。

会社のカルチャーについて

21.10.01 株式会社viviONを設立

21.12.01 株式会社エイシスから吸収分割により一部事業及び子会社株式を承継し営業開始

今後の成長戦略/中期経営について

今後の活動の目的は、二次元というところにフォーカスした上で日本一、世界一を目指していくことです。

当社ではこれまで以上に、二次元が好きなオタクユーザーを増やそうと、ユーザーの拡大を目標にしています。

今まで以上にクリエイターたちが自由に幅広く活躍できる場、環境を増やすこと、クリエイターがただ単に制作を楽しめるだけでなく、それをどうすれば"稼ぐ"という商売に繋がるかをしっかりと考えた上で、クリエイターが活動できる場を展開していきたいと考えています。

また、「二次元といえばviviONだよね」と世界で呼ばれるためにも、今後はより海外進出にも力を入れて取り組んでいきたいと考えています。

財務情報

財務情報/その他
非公開

見送り案件ストーリー


  • 見送り案件ストーリーがありません

IR/News/Topics


  • IR/News/Topicsがありません

企業情報


創業
2021年
代表者名
代表取締役 明石 耕作
従業員数
318人
売上高
25,300百万円
資本金
50百万円
発行済株式数
本社所在地
東京都千代田区神田練塀町300 住友不動産秋葉原駅前ビル12階
URL
https://vivion.jp/